トップ  > 大川ライオンズクラブとは

大川ライオンズクラブとは

◎ライオンズクラブ

1917年にアメリカの実業家メルビン・ジョーンズがライオンズクラブ国際協会を創立し、1952年に日本で最初のライオンズクラブが設立されました。

現在は、世界200以上の国または領域、49,338クラブ、139万人を超える会員で構成されており、さまざまな奉仕活動に取り組んでいます。その内、日本では2,806クラブ、約10万人の会員が活動しています。 (2023.3.31国際協会集計)

◎大川ライオンズクラブ

1961年3月に結成し2021年4月に60周年を迎えました。現在はコロナウイルスの関係で活動が制限されているものもありますが、清掃作業、献血事業など出来る範囲での活動を行っています。

  ☆市内小学校新1年生へ黄色い安全帽の贈呈

  ☆大川樟風高等学校へ防犯カメラ設置

  ☆大川市内中学校・高等学校にてオンライン一斉講演会の実施

  ☆レモネードスタンド募金活動  …等々さまざまな事業を行っております!

◎結成60周年記念事業として

  1.LCIF 100ドルキャンペーン 50名全員寄付

  2.LCIF1,000ドル寄付(24口)

  3.大川桐英中学校・大川桐薫中学校へ加湿器24台贈呈

  4.大川桐英中学校へ物置1台贈呈

  5.大川桐薫中学校へ製氷機1台贈呈

  6.大野島タイムカプセル

  7.ヘアドネーション事業

  8.眼鏡リサイクル事業

  9.ジョイセフの女性支援活動資金として使用済み切手回収

  10.「わかちあいプロジェクト」南スーダン古着支援事業

 これからもライオニズムの高揚と社会奉仕になおいっそう精進してまいります。  

  • <<前へ
  • [ 2件中 1件~2件を表示 ]
  • 次へ>>

眼鏡リサイクル活動

☆眼鏡リサイクルにご協力をお願いします☆大川ライオンズクラブでは2019年7月より社会奉仕活動の一環として収集活動を行っていました眼鏡役700本を、ニュージーランドの眼鏡リサイクルセンターへ送りました。皆さまのご好意によりご寄付いただいた眼鏡はリサイクルセンターにて度数ごとに分けられ、世界中の眼鏡が必要とする...

詳細を見る>>

ヘアドネーション活動

ヘアドネーションとは小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動です。 寄付された髪の毛は、選別・加工の工程を繰り返したのちウイッグとして生まれ変わり、子ども達(レシピエント)へ届けられます!☆ヘアドネーションができる髪の毛 髪の長さ...

詳細を見る>>

  • <<前へ
  • [ 2件中 1件~2件を表示 ]
  • 次へ>>

大川ライオンズクラブ事務局

〒 831-0016

福岡県大川市酒見221-6

TEL:0944-87-1365

337-A地区

ライオンズクラブ国際協会

ライオンズクラブ国際協会本部

 

ライオン誌日本語版

ライオン誌日本語版ウェブマガジン